犬をシャンプ―するときの注意点

犬をシャンプーする際、風呂で気をつけることを書いてみます。

予防接種が終わるまでは、濡れタオルで体を拭くくらいにしておきましょう。接種前の子犬は抵抗力が弱く、簡単に風邪をひきやすいので、お風呂に入れるのは接種後にすべきです。初めてのお風呂のとき気をつけたいのは、犬を怖がらせないということです。犬は嫌なこと・怖いことをよく覚えています。
お風呂の床はすべりやすいので、すのこ、お風呂マットを敷くと良いです。シャワーのお湯の温度は絶対にぬるま湯にしてください。40度は高すぎです。犬の舌の色をチェックすると状況がわかります。犬の体を濡らす時は念入りに、きちんと皮膚まで水を浸透させてあげてほしいのですが、お湯だけでは皮膚まで水が届かないので、シャンプーが必要です。
正しい犬のシャンプーの方法についてご紹介しています。 多くの毛に守られている犬の肌は、とてもデリケートです。低刺激、高品質を謳っているシャンプー剤であっても、人間専用のシャンプーは使わないでください。また、犬の体調がよくないときはシャンプーを見送ってください。シャンプーを嫌う犬もいるので注意が必要です。過度なストレスを与えず、少しずつ慣らしていくことが大切です。

適切なシャンプーの方法を守りしょう。 今回ご紹介した適切なシャンプーの方法やドライヤーのやり方をよく学んで、できるだけ犬に負担をかけないで犬をお風呂に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です